ニューハーフにすっかりアナガズム体質に調教されました。 | セフレバイブル

ニューハーフにすっかりアナガズム体質に調教されました。

実は僕のセフレはニューハーフ
最初は好奇心とか怖いもの見たさで付き合っていた。
でもアナルの気持ちよさを教えてもらってからは、すっかりアナガズム体質に調教されてしまった。

ぶっちゃけセックスするよりアナル掘られたい。
僕の頭はそんなM性感の事しか考えられない変態脳になってしまったのです。
後悔はしてません。

むしろ皆さんにお話したいくらい幸せなんですから。

セフレを探してたら相手がたまたまニューハーフだったんですよね。
その子のディープスロートがとんでもなくうまかったんで何度も会ってたんですよ。

フェラの時にお尻を触ってくるので身を任せていたら指挿入されてちょっとアナルが気持ちよくなってきたんです。

「アナル調教してあげよっか?」

ある時そうたずねられました。
断る理由がありませんでした。

アナルに指が入るようになると細めのアナルバイブ。
そして太目のバイブ。
さすがニューハーフ、俺の前立腺は責められまくりでした。
もう少しでアナルの快感を掴めそうだった時です。

逆アナルしてみようといわれました。
自分のアナル処女が奪われる。ドキドキです。

「力抜いてね。。。歴史的瞬間だよww」

うれしそうな表情を浮かべペニクリを僕のアナルに挿入してきます。
痛みはありません。
感動と快感しかありませんでした。
ゆっくり動いてもらうとまた不思議な気持ち良さがあるのです。

手コキされながらお尻をガンガン責められます。
体はビクビク痙攣していました。
気がつけば射精してしまっていたんです。

それからはアナル調教のとりこです。
やっぱりニューハーフなので前立腺の知識が半端無いんです。
優しく丁寧に要領よくお尻をいじめられたのが良かったと思います。

男性でアナルの経験を感じたいならニューハーフにお願いしてみるのも一つの方法だと思います。
意外とニューハーフさんも出会いを求めてますからね。

一人で寂しい夜を過ごしているギャル系・お姉系がセフレとの出会いをさがしています。添い寝してくれるエッチな男性を募集しています♪

Return to Top ▲Return to Top ▲