僕が匂いフェチになった理由 | セフレバイブル

僕が匂いフェチになった理由

カテゴリ:男性体験談

ひょっとしたら自分はM気質があるのかな?
そんな風に思ってました。

歴代彼女とのセックスは大体自分がSだったけどなんかしっくり来なかったんだよな。
女性上位のエッチがしてみたかったんです。
S女性と出会いたいってだんだん思うようになりました。

S女性ってどこにいるのかなって調べたらアブノーマルなコミュニティがあるらしく尋ねてみました。

そこで知り合ったのは27歳のOLさん。
見た目はSっぽく無くて中の上って感じの顔でした。
後々エッチのときにドSっぷりを発揮する事になるんですよね。

「あれ?包茎チンポじゃん」

いきなりの言葉責めにやっぱりS女性なんだと確信。

「へ~ww」

悪魔のような笑みを浮かべて手コキが始まりました。

「勝手にピュッピュッはダメだよ♪」

そう念を押されて激しくチンポをシェイキングされました。

「子供チンポシコシコシコ♪」

ホントにおちんちんが好きなんでしょうね。
嬉しそうです。

「私のおしっこつきパンツ咥えていっちゃいなよ」

驚くべき事に脱ぎたてのパンツを口に突っ込まれました。
尿の匂いとマン汁の匂いと湿り気で僕の頭は真っ白になりました。

「んばぅ!!」

手マンコの中にザーメンをタップリだしてしまいました。
これが僕が匂いフェチになった理由です。

マン汁の匂いに包まれて最高でした。
今後も楽しませてくれそうです。

電話だけで近所のエロ娘と繋がれる今女子大生で人気のSNSだ!

Return to Top ▲Return to Top ▲